201系雑記帳
201系の変化を見つけ次第記録していくページです。
 新しい情報を上に記していきます。
   鉄道本部報の「201系」カテゴリもご参照ください.
No.
確認日
変化内容
写真等
備考
29
07-01-25 クハ201-20以下10連(第12編成・T103編成)廃車回送実施. 鉄道本部報 回9941M
28
07-01-20 T8編成(クハ201-33以下10連)がT110編成へ変番を実施. 写真   
27
07-01-11 クハ201-58以下10連(第45編成・T34編成)が京葉線転用のための整備を実施するため東京総合車両センターへ臨時入場実施. 鉄道本部報  
26
07-01-11 クハ201-27以下10連(第19編成・T7編成)廃車回送実施. 鉄道本部報 回9941M
25
07-01-08 T8編成(クハ201-28以下10連)がT108編成へ変番を実施. 写真    
24
07-01-05 クハ201-18以下10連(第10編成・T18編成)廃車回送実施. 鉄道本部報 回9941M
23
07-01-01 青梅線内に初詣臨時列車「快速 武蔵御嶽神社初詣号」運転. 鉄道本部報  
22
06-12-27 クハ201-48以下10連(第35編成・T25編成)廃車回送実施. 鉄道本部報 回9941M
21
06-12-27 T4編成(クハ201-21以下10連)がT104編成へ変番を実施. 鉄道本部報  
20
06-12-22 T3編成(クハ201-20以下10連)がT103編成へ変番を実施. 写真   
19
06-12-20 2006年12月20日豊田電車区T29編成(クハ201-55以下10連)廃車回送実施.(豊田電車区→長野総合車両センター)
その他内容は鉄道本部報に掲載
鉄道本部報  
18
06-12-03 T1編成に続きT2編成(クハ201-19以下10連)がE233系T2編成投入に伴いT102編成へ変番を実施. 鉄道本部報  
17
06-11-21 営業用車輌2本目となる廃車回送が11月21日実施.
T5編成(クハ201-25以下10連)が豊田から長野総合車輌センター(北長野)間を前月のT6編成と同様自力で行われた.
その他詳細は鉄道本部報に掲載
鉄道本部報 関連文献
鉄道ピクトリアル
2007年2月号P90
16
06-11-17 豊田区へ投入された201系置き換え用E233系3本目の編成は10両固定編成でT1編成を名乗るため,既存のT1編成であるクハ201-13以下10連が重複となる. その対応として原番+100に変番し同編成はT101編成を名乗った.
その他詳細は鉄道本部報に掲載
鉄道本部報 関連文献
鉄道ピクトリアル
2007年2月号P91
15
06-11-11 豊田電車区では開設40周年を記念して一般公開を実施,参加者は事前の応募による抽選若しくは記念ツアー参加者の合計2000名. 201系,E233系など同区を代表する車輌やかつて所属した205系も応援に駆けつけ展示された.
当日の様子は鉄道本部報に掲載(
鉄道本部報 関連文献
鉄道ピクトリアル
2007年2月号P90
14
06-10-18 豊田電車区のT6編成(10両固定クハ201-26以下10連)が営業車両(オレンジ色・量産車)での廃車第一陣となり10月18日北長野へ回送された. 豊田から北長野まで自力回送で行われた.
関連写真・記事鉄道本部報に掲載
  関連文献
鉄道ピクトリアル
2007年1月号P108
13
06-10-08
〜09
中央線(三鷹−立川間)で進められている連続立体高架化事業で西国分寺−立川間下り線の線路切替が 10月8日深夜から9日早朝にかけて行われた.切替工事に伴い上記区間を運休し,立川−高尾間折返 し運転,国分寺−西国分寺では下り線を使用した単線運転を約20分間隔で実施した.
単線運転の状況は鉄道本部報に掲載
鉄道本部報 写真は
鉄道本部報参照
12
06-09-11 予備車であるクハ200-76が同月5日に実施された僚車と同様長野へ向け回送された。 これで201系の廃車は22両となった。
その他詳細は鉄道本部報に掲載
鉄道本部報 写真は
鉄道本部報参照
11
06-09-05 豊田電車区に予備車として長らく放置していたクハ201・200-76のうち、クハ201-76が廃車のため長野へ回送された。 同車は青梅・五日市線用車輌の6両編成化の際に余剰となり予備車として配置していた。しかしその後は本線走行もなく201系の本格引退を前に廃車となった。 その他詳細は鉄道本部報に掲載 写真   写真は回送途中の鳥沢にて(配9941M)
(撮影:06-09-05)
10
06-09-02 8月15日に引き続き「全国新作花火大会」開催に伴い201系分割編成2本が貸し出され運転された。
充当された編成はトップナンバーのH1と前回登板したH8。
H8は松本入りする運用途中車掌手配ミスがあり途中駅から運転できないトラブルが発生、所定より3時間ほど遅れて運用に就いた。
その他詳細は鉄道本部報に掲載
写真
信濃境〜富士見間9611M
上諏訪駅
3時間遅着の9711M
関連文献
鉄道ピクトリアル
2006年12月号
P92・93
06-08-27
〜09-01
豊田電車区の貫通編成の一部に車体広告車輌が登場。今回も女性専用車である1号車のみで、広告内容も女性向けアパレルである。 広告主:(株)ルック SCAPA(スキャパ)
当局が2006-08-27〜09-01に確認した編成は
T8,T12,T14,T15,T20,T24,T33の7編成である。
鉄道本部報にて関連記事掲載
写真   写真は国分寺にて
(撮影:06-08-27)
06-08-26 東京総合車両センターにて夏休み一般公開が例年通り開催。
201系に関しては台車組立が前年同様DT46を用いて4回実施された。
201系の車体は公開されず庫内を覗いて見える程度。
鉄道本部報にて関連記事掲載
写真   写真は東京総合車両センターにて
(撮影:06-08-26)
06-08-15 今年も諏訪湖花火大会の波動輸送用として豊田電車区からH編成2本が貸し出され活躍した。 (充当されたのはH8とH9編成)
鉄道本部報にて関連記事掲載
写真
上諏訪駅
下諏訪駅
関連文献
鉄道ピクトリアル
2006年12月号
P92・93
06-04-30 H17編成中間クハ、5号車クハ201-129が差込式HM台座撤去しているのを確認。
4号車クハ200-128は装備したままである。
■このH17編成は以前H4編成と組替を実施している(1を参照)、その際に撤去された可能性が高いと推測。
写真  写真は拝島駅にて
(撮影:06-04-30)
06-04-30 豊田電車区T16編成1号車(女性専用車)が株式会社フレンテ・インターナショナルの車体広告車に充当。
ミントタブレットのピンキーの広告、ピンキーモンキー(ピンク)が車体に数匹描かれている。
その他にもT24・T27が充当の模様(当局未確認)。
写真  拝島駅にて撮影
写真はクハ201-54
(撮影:06-04-30)
06-04-15 新宿駅跨線橋切替に伴い新宿を経由する線区の一部で運休等を実施、 中央線は終日快速・特快を全線で運休し各駅停車で運行し白昼各駅停車の表示で運行した。
大月行に関しては各駅停車のコマが無く通常の表示であった。(写真1)
その他写真は鉄道本部報を参照下さい。
写真  写真は西荻窪駅にて
(撮影:06-04-15)

参照先:鉄道本部報
06-04-15 H4編成が元の編成組成に復帰を06-04-15に確認。 写真  写真は西荻窪駅にて
(撮影:06-04-15)
06-04-09 青梅・五日市線用編成の運転台仕切窓に緊急時乗務員が携帯電話を使う事を予めお断りする表示の旨のステッカー貼り付け。 (06-04-15中央快速線用でも確認) 写真  写真は青9編成
(クハ200-151)
06-04-09 H4編成1〜4号車の附属編成にH17附属編成(Tc-128以下4連)組込、編成札もH4を取付て運用に入っていた。 写真   写真は青梅駅にて
(撮影:06-04-09)

◆ 201系資料館 ◆
◆ 西東京鉄道管理局 ◆



inserted by FC2 system