京葉線用201系 行先方向幕 収録内容一覧

京葉線用方向幕の概要と特徴

 201系が京葉線へ転属した際に注目されたのがJR東日本201系初のスカイブルー塗色と共に白地の前面方向幕だった. 201系はブラックフェイスにあわせ黒地に白抜きされた文字が採用されていたが,京葉線では103系と同じ白地幕が取り付けられた.

 中央総武緩行線から転属した7編成全てが白地幕が取り付けられ,山手線から転属した205系の一部編成でも使用された. 一説によれば「103系と同じ内容で201系用※」の発注が地色も103系と同じと解釈したためのようである.

 試作車900番代が離脱した2005(平成17)年秋以降,ダイヤ改正に伴う種別変更に併せ, 順次黒地幕へ変更され現在に至る(2009年3月現在).
 行先表示の書体は国鉄隅丸ゴシックから一般的なゴシック体による表記で, 回送や試運転などにもローマ字が併記されたものになった. また種別は「快速」と「通勤快速」は国鉄独自の書体にローマ字表記が付されたものが採用されている.
↑転属当時は白地の幕が使用され異彩を放った.
 現在使用されている方向幕で最も目を引くのが側面方向幕の上部に記された赤い帯であろう.
 その帯には「京葉線 Keiyo-Line」と路線表示が表記され従来の幕には無い大きな特徴となる. この方向幕のデザインは京葉線を走る201系の他205系でも採用されている.

 ※103系と201系では行先方向幕の指令・制御方式が異なるため共用できない.
 103系では同期進段式,201系では電圧比較式(マイクロSW検知)となる. 山手線から転属した205系初期車は201系と同様の指令方式であるため幕の共用が可能である.


京葉車両センター 201系 (現行仕様)
(方向幕・ヘッドマーク等の画像はクリックすると大きめの画像が別窓で開きます)
番号
種別・行先
前面
側面
1
回 送
2
試運転
3
臨 時
4
団 体
5
   
6
京葉線
7
西船橋
8
 京葉線
東 京
9
 京葉線
南船橋
10
 京葉線
新習志野
11
 京葉線
海浜幕張
12
 京葉線
千葉みなと
13
 京葉線
蘇 我
14
 京葉線
快速 東 京
15
 京葉線
快速 海浜幕張
16
 京葉線
快速 千葉みなと
17
 京葉線
快速 蘇 我
18
 京葉線
快速 誉 田
19
 京葉線
快速 大 網
20
 京葉線
快速 成 東
番号
種別・行先
前面
側面
21
 京葉線
快速 上総一ノ宮
22
 京葉線
快速 勝 浦
23
 京葉線
快速 君 津
24
 京葉線
通勤快速 東 京
25
 京葉線
通勤快速 成 東
26
 京葉線
通勤快速上総一ノ宮
27
 京葉線
通勤快速 勝 浦
28
 京葉線
通勤快速 君 津
29
成 東
30
東 金
31
大 網
32
千 葉
33
誉 田
34
茂 原
35
上総一ノ宮
36
勝 浦
37
姉ヶ崎
38
木更津
39
君 津
40
上総湊
2009-02-11:ページ公開
2011-05-12:前面幕追加


201系資料館 TOP

inserted by FC2 system